国内・海外投資に関するブログです。投資に役立つ情報をお届けします。たまに外国人労働者(技能実習生)の事も書きます。

投資で悩んだ時に見るブログ

株式・FX・先物他 投資関連記事

【ガソリン価格下落中!】今後のガソリン価格推移を、原油価格を元に予測してみた

更新日:

 

でごいちです。

 

当記事のテーマはガソリン価格について。

 

投資にも関連してくる記事になりますので、

普段車を乗らない方もぜひご覧ください。笑

 

 

 

さて、最近になってようやくガソリンの価格が下がってきたと思いませんか?

 

私の住んでいる地域は比較的ガソリンが安い地域なのですが、

それでも少し前まで、1リッター=150円超えしていました。

 

 

 

 

 

私が留学する前の2年ほど前は、1リッター=110~120円だったような気がします。。。

 

 

1リッター=30円の違いであれば、

30リッター入れると900円違ってきますので、

1ヶ月に2~3回給油する人は、結構な差が出てきますね。

 

車を頻繁に乗る人にとって、ガソリン価格は死活問題になってきます。

 

 

 

 

さて、そんなガソリン価格ですが、

最近になって少し下落傾向にあります。

 

 

今日家の近くのガソリンスタンドを見たら、

1リッター=136円でした。

 

 

 

全国のガソリン平均価格を見ても、

 

 

※https://gogo.gs/ より引用

 

 

 

10月21日のガソリン平均価格156.7円をピークに、下落が始まりました。

 

11/30現在は、149.7円になっています。

 

 

 

▲7円下がった事になりますね。

 

少しお求め安くなりました。笑

 

 

 

このガソリン価格ですが、原油価格によって変動します。

 

 

ここでいう"原油"価格とは、

油田からくみ上げられた精製する前のオイルの価格の事を言います。

 

サウジアラビアやUAEといった石油産出国の、

油田から汲み上げられたままのオイルですね。

 

 

 

この、"原油価格"については、

コモディティ商品という金融商品を取り扱っている証券会社を通じて、

投資をすることができます。

 

※コモディティ商品とは

コモディティ(Commodity)とは、一般に、“商品”のことを指す言葉で、

コモディティ投資とは商品先物市場で取引されている、

原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、トウモロコシや大豆などの穀物といったような

コモディティ(商品)に投資することをいいます。

 

https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ko/J0244.html より引用

 

 

 

コモディティ商品に投資すると言っても、実際に金やガソリンや大豆を買う訳でなく、

それらの相場によって変動する金融指数に投資をするという感じですね。

 

 

 

コモディティと言うと難しく聞こえますが、ただの数字の売買いです。笑

 

 

その数字が需要と供給だったり、外的なニュースによって推移するといった感じです。

 

 

 

私はあまりコモディティ(商品)と呼ばれる、

現物から派生した金融商品に投資する事はしないのですが、

近年のガソリン価格の変動について興味を持ったので、調べてみる事にしました。

 

 

 

近年のガソリン価格と原油価格の推移について

 

 

ここ5年の原油価格の変動を見てみましょう。

 

 

 

時間足が長く少し細かい単位が見づらいですが、

 

 

 

 

 

現在のガソリン価格は、

 

1バレル=51ドルとなっています。

(ここで出てくる単位"バレル"とは、1バレル=160リットルです)

 

ここ1ヶ月の値動きを見ると、だいぶ価格が落ちたように見えますが、

2016年の1月に記録した1バレル=30ドルには、まだまだ及びません。

 

 

ですが、1ヶ月で75ドル⇒51ドルと下げましたので、

暴落とも言える下げ幅です。

 

 

10月の高値から1ヶ月で坂道から転げ落ちるように下がっています。

 

 

前回の最安値からのトレンドも崩れていますので、

セオリー的には手を出すべきではありませんね。

 

 

 

 

 

続いて、ガソリンの全国平均価格についても見てみましょう。

 

 

 

※https://gogo.gs/chart/?mode=0&range=3 より引用

 

 

 

 

原油のチャートと時間軸は違いますが、

 

 

※https://gogo.gs/chart/?mode=0&range=3 より引用

 

原油価格が最安値を記録した2か月後に、

日本ではガソリンが最安値を記録しているのが分かります。

 

 

11月に原油が下がったとはいえ、まだ調整の範囲内に見えますね。

 

というか、まだきれいな上昇トレンドです。笑

 

 

 

原油価格とガソリン平均価格推移の関連性

 

この二つのチャートを見比べると、

 

原油価格がガソリン価格に影響してくるのは1ヶ月くらい遅れてくる

 

という事がセオリーとして言えるのではないでしょうか。

 

 

そのセオリー通りであれば、12月中にはもう少し下がるはずです。

 

 

もし今、ガソリンを入れようか迷っている人は、

もう少し待った方がお得に入れられるかもしれませんね。笑

 

 

 

 

11月末現在の価格 1バレル=51ドル は、どのガソリン価格が適当か

 

 

 

現在の原油価格は1バレル=51ドルで、

ガソリン平均単価は1リッター=149.7円でした。

 

 

 

 

原油価格1バレル=51ドルは、

2017年の9~10月と同じ水準の価格です。

 

 

この時から1ヶ月後の2017年11月の、

ガソリン平均価格は135円でした。

 

 

 

 

今が149円ですので、前を同じに基準に戻るのであれば、

来年の1月にはさらに下がっているはずです。

 

 

 

 

本当にセオリー通りに行けば、の話ですが。

 

 

 

日本でガソリンを提供している会社は何社もありますが、

いずれの会社であっても固定費は上がり続けているでしょうし、

それらの企業同士でみすみす価格を下げ合うような事はしないはずです。

 

 

 

 

私の個人的な予想なのであまり参考にしないでほしい(笑)のですが、

もしこのまま原油価格の推移が50ドル前後でうろうろするような事になれば、

日本のガソリン平均価格の推移は140円前後に落ち着くのではないか、と思っています。

 

 

 

 

我々、消費者としてはガソリン価格が下がってほしいのですけどね。

 

原油価格については、ここで底を打って上に上がり始めるのか、

トレンド通りにまだ下げ続けるのかは、判断しづらい状況です。

 

 

 

 

 

個人的には原油価格がもっともっと下がって、

1リッター=100円くらいの時代が再度来ることを望みます笑

 

 

ブログを通してつながることも大歓迎ですので、

お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

ブログを読んでの感想でも何でも結構です。

あなたからのメッセージをお待ちしております。

 

感想や問い合わせはこちらから

-株式・FX・先物他 投資関連記事
-, , , , , , , , ,

Copyright© 投資で悩んだ時に見るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。