国内・海外投資に関するブログです。投資に役立つ情報をお届けします。たまに外国人労働者(技能実習生)の事も書きます。

投資で悩んだ時に見るブログ

株式・FX・先物他 投資関連記事

【株価と配当に関する意外な事実】 株の配当はいつ、どうやってもらえる?

更新日:

 

でごいちです。

 

 

今回は株価と配当についての記事になります。

 

 

 

 

株式投資の情報に触れていると、

 

・株式投資で配当生活!

・この銘柄の配当利回りは何%?

・配当目当てならどの銘柄を買うべき?

 

 

 

と言った"配当"に関する情報を目にする事がありますよね。

 

 

株式投資の配当とは

配当とは、「会社が得た利益の一部を、株主へ支払うもの」です。

株主とは、お金が足りない企業に対してお金を投資する人や企業のことをいいます。

※https://minkabu.jp/beginner/lesson/1.html より引用

 

 

 

 

実際、株式投資をする上で配当の%を気にして

購入する人も多いかと思います。

 

 

 

 

"配当利回り"と調べれば、

たくさんのサイトで利回りのいい銘柄が紹介されていますので、

我々投資家には非常に馴染みが深いものですね。

 

 

 

 

 

しかし、この"配当"に関して、実はあまり知られていない事実があります。

 

もし配当目当てに購入を考えていたり、考えた経験のある人には、

ぜひ読んでいただきたいと思います。

 

当記事では、そのあまり知られていない事実についてを解説していきます。

 

 

 

配当はいつ支払われるのか

 

 

 

 

配当は、年1回もしくは2回ある、

"配当落ち日"に株を所有していると振り込まれます。

 

 

例えば、

 

 

 

 

上記はトヨタ自動車(7203)の配当金と配当落ち日を

示した表になります。

 

 

配当落ち日は、

 

・2019年3月27日

・2019年9月27日

 

 

の2回と記載されています。

 

この日にちの前日15:00の時点で、

株を持っていると配当を受け取る事ができます。

 

 

 

 

つまり配当を受け取るには、

 

・2019年3月26日の15:00

・2019年9月26日の15:00

 

の時点で株を持っていればいい、という事になりますね。

 

 

 

 

ちなみに、トヨタの配当は1株あたり220円です。

 

 

最少購入単位が100株からですので、

100株持っていれば22,000円の配当を受け取る事が出来ます。

1000株持っていれば220,000円です。

 

 

 

2018年12月12日の終値は6895円ですので、

売買の手数料を抜きにして考えると、

 

 

100株=689,500円

1000株=6,895,000円

 

 

金額になります。

 

簡単には手を出せる金額ではないですね。笑

 

 

トヨタ自動車(7203)は年2回配当を受け取る事が出来ますので、

1000株くらい持っていたら、ちょっとうれしいお小遣いにはなります。

 

 

 

 

利回りとしては3%くらいですので、平均的な所だと思います。

 

 

 

ただ、注意が必要しておきたいのは、配当は変動するという事です。

 

 

2019年の配当は決定していますが、

この先会社の見通しが悪くなって来たり、

売上げや利益が少なくなった場合には、配当が下がる可能性があります。

 

 

もちろん、配当が増える可能性もあるのですが、

いつまでも配当が保障されているわけではない、

という点を覚えておく事が必要です。

 

 

 

配当はどこから支払われるのか

 

 

 

 

この部分が当記事の一番大事な所になります。笑

 

 

 

株式の配当はどこから支払われるか、という点です。

 

 

会社の財布から別で支払われるのでしょうか・・・?

 

 

実際は、配当は株価の一部から支払われます。

 

 

例えば、1株=1,000円で、

配当=50円の株があったとします。

 

 

 

 

その株が配当落ち日を迎えて配当が支払われる際には、

1,000円の株は950円になるという事です。

 

 

 

株価の一部から支払われるという事は、

原本を切り崩しているのと一緒ですね。

 

 

 

 

この点だけ見ると配当目当てに買うのは、

あまりいい選択ではないという事になります。

 

 

 

 

配当目当てに買うのはやめるべきなのか?

 

 

 

 

 

「それじゃ、配当を目当てに買うべきでないの?」

と言われると、実際はそうではありません。

 

配当を購入の判断理由にしてもいい投資方法も存在します。

 

 

 

以下二つの条件に該当する場合は、購入してもいいでしょう。

 

 

 

それは、

 

・株を長期保有(5年以上~)する場合

・まとまったお金を投資できる場合

 

 

この二つです。

 

 

 

確かに配当は原本から支払われるのですが、

価格はいずれ価値に追いついてくる、という面があります。

 

 

価格を予想するのは難しいですが、

その企業の価値を調べるのはそこまで難しくありません。

 

 

 

価値のある企業には、いずれ株価もそれに追随してきます。

 

 

4f9eb1353ec80509585196469ba076bf_s

 

 

長期で保有するのであれば、景気の変動で多少価格が動くことがあっても、

やがて元通りになる可能性が高くなります。

 

 

 

また、まとまったお金を用意できるのであれば、

配当目当ての投資をしてもいいとも思います。

 

 

 

 

日本を代表する企業であれば、そうそう潰れる危険性はありませんからね。

 

 

どの企業であっても株価に対する配当はだいたい3~5%くらいですので、

もし1億円用意できれば、

 

 

1億円×0.05=500万

 

 

配当としてもらえるという事になります。笑

 

 

かなりハードルは高いですけどね。。。

 

 

 

小口の個人投資家と配当の関係について

 

 

 

 

それでは、資金は小さくガンガン回して稼ぎたい個人投資家は、

配当を完全に無視してしまうというのも、少しもったいない話です。

 

 

 

配当落ち日や株主優待確定日近くになると、

株価は上がりやすくなる傾向があります。

 

 

みんなが配当や優待欲しさに、

株を買いに入るという事ですね。

 

 

もちろん、すべてがそうではないのですが、

少し前に仕込んでおいて日にちが近づいてきたら、

直前で決済する、というような戦略を取る事も出来ます。

 

 

 

また、これも一つの傾向として、

配当を出している企業はしっかり利益を出せている、

という事も言えます。

 

 

 

調べてみると分かりますが、

配当を出していない企業も非常に多いです。

 

 

 

配当として株主に還元するので末永く応援してほしい、

という企業のメッセージとして捉える事も出来ますね。

 

 

 

 

ブログを通してつながることも大歓迎ですので、

お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

ブログを読んでの感想でも何でも結構です。

あなたからのメッセージをお待ちしております。

 

感想や問い合わせはこちらから

-株式・FX・先物他 投資関連記事
-, , , ,

Copyright© 投資で悩んだ時に見るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。