国内・海外投資に関するブログです。投資に役立つ情報をお届けします。たまに外国人労働者(技能実習生)の事も書きます。

投資で悩んだ時に見るブログ

投資基礎講座

投資におけるエグジット(イグジット)の重要性とは

更新日:

 

でごいちです。

 

 

投資でよく耳にする、エグジット(イグジット)とはなにか、

という所の解説とその重要性を解説していきたいと思います。

 

 

エグジット・イグジットどちらもでいいのですが、

面倒なので当記事では、エグジットに統一します。

 

 

 

投資のおけるエグジットとは

 

 

 

 

エグジットとは、英語の"Exit"の事です。

 

非常階段や非常口によく"Exit"と書いてあるので、

わりと見掛けたことある人も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

Exitというのは出口と言う意味です。

 

 

そして、投資における出口とは、

持っていたポジションを精算するタイミングの事です。

 

 

 

買いポジションを持っているなら、それを売る時。

 

売りポジションを持っているなら、それを買い戻す時ですね。

 

考えてみれば当然なのですが、

投資では、エントリーとエグジットのタイミングがとても重要になるわけです。

 

 

 

エントリーとエグジットのについては、

投資で生き残っている上級者ほど、重要性を理解しています。

 

 

投資の初心者ほど考えがブレがちです。

 

 

当記事では、初心者と上級者ではどう考え方が違うのか。

それぞれのエントリーとエグジットの考え方の違いについて、

分析していこうと思います。

 

 

 

投資初心者のエントリーとエグジットの考え方

 

 

 

 

私もそうでしたが、投資の初心者の時は

値頃感・割高感で取引をしてしまっていました。

 

 

過去の値段を見比べて、今が安いから高いからと言うだけで、

取引をしてしまって痛い目を見た人もいるのではないでしょうか。

 

 

特に今年の仮想通貨に限っていうと、

年初の高値からだらだら下げ続ける状態が続きましたので、

割安感を感じた人も多いでしょう。

 

 

今年仮想通貨を値頃感で購入するように、

自分の直感だけで取引していた人は、ほぼ全員損をしているはずです。

 

 

 

これは仮想通貨に限らずどの相場にも当てはまりますが、

この値頃感・割高感で取引している限り、

相場で生き残っていく事は不可能です。

 

 

 

相場ですので、一度や二度自分の感覚が当たる事はあるかもしれませんが、

それを続けて利益を積み重ねていく事は不可能です。

 

 

 

 

相場で生き残っていきたいのなら、

値頃感・割高感を基準にするような、

直感で判断する事は少しでも早くやめるべきです。

 

 

 

 

また、投資初心者でやりがちな事の一つとして、

エントリー(入り口)には根拠を持っていたけど、エグジット(出口)の部分については、

"とりあえず儲かればなんでもいいかな”というくらいにしか、

考えていないというケースです。

 

 

 

エントリー時点から運よく上がったとしても、

もうちょっと上がりそう・・・!と期待していたら、

あっという間に含み損に突入してしまい、

そのまま価格はいつまで経っても戻らず、塩漬け状態になってしまう。。。

 

 

よくありがちな損失パターンの一つですね。

 

 

 

 

投資上級者のエントリーとエグジットの考え方

 

 

 

 

 

投資の上級者ほど、エントリーとエグジットの重要性を理解しています。

 

 

 

自分の得意とするインジケータやテクニカル分析を使って、

エントリーに値する状況をじっくり待ち構える。

 

そして、いくつかの有利な条件が重なった絶好のタイミングでエントリーして、

自分の中で確立している前提が崩れるまではずっと保持し続ける。

 

 

そのまま相場が意図する方に動いた場合は、

利益確定のポイントで手じまい。

 

逆行すれば、あらかじめ想定した損切りラインで、

ロスカットし次のエントリーチャンスを待つ。

 

 

 

こうしたことを繰り返しているわけですね。

 

 

 

ですので、パッと見で割安感と感じる場面でも、

売りエントリーをする事は当たり前のようにありますし、

逆に割高と感じる場面でも、

買いエントリーをする事も同様にある訳です。

 

 

 

 

ここで一つ覚えておきたいのは、投資の上級者でも

ロスカットは当たり前のようにするという事ですね。

 

 

上級者ほど、”相場は何が起こってもおかしくない”

という事を理解しています。

 

 

長く相場を見れば見ているほど、その言葉の意味は深く理解できます。

 

 

 

この方向にエントリーすると勝率は~%以上ある、

しかし逆行する確率ももちろんあるので、

ロスカットラインも設定しておく。

 

こういった考えのもとで相場に挑んでいるのです。

 

 

 

 

相場の戦い方として

 

 

 

 

 

 

もし、このブログをお読みの方の中で、

値頃感・割高感だけで取引をしている方がいれば、

今すぐそれをやめましょう。笑

 

 

 

今は偶然うまくいっていても、

いずれ大きな損害を被る可能性が非常に高いです。

 

 

 

 

相場で生き残っていきたいのであれば、エントリーに対して、

できるだけ多くの根拠を集める事に注力すべきです。

 

 

 

出来るだけ多くの根拠を見つける方法は、

チャート、テクニカル分析・ファンダメンタルズ(企業の指標による分析)、

なんでもいいと思います。

 

自分に合う方法をいろいろ試してみるべきです。

 

 

 

 

 

その根拠には、個人の値頃感・割高感は頭数に入りません。笑

 

 

 

なぜなら、個人の値頃感や割高感は、

その人の投資経験やバックグラウンド、

今までの損益やその人のお財布事情などによって、大きくぶれるからです。

 

そして、それは相場とまったく関係ないからです。

 

 

 

 

 

まずは、自分なりの手法を見つける為に、

勉強を進めていきましょう。

 

 

 

 

もし、自分なりの手法を圧倒的に短い時間で身につけて、

廃れる事のない普遍的な方法を学んでいきたい方には、

こちらの商材を当ブログでおすすめしています。

 

【株式投資オススメ商材】ワンweek副業投資プログラム

 

 

 

初心者でも、動画を見て学習すれば1週間で手法は身に着きます。

 

また、何よりもサポート体制がしっかりしていますので、

私も自信を持ってお勧めできます。

 

 

ぜひお手に取っていただきたいと思います。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

ブログを通してつながることも大歓迎ですので、

お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

ブログを読んでの感想でも何でも結構です。

あなたからのメッセージをお待ちしております。

 

感想や問い合わせはこちらから

 

-投資基礎講座
-, , , ,

Copyright© 投資で悩んだ時に見るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。