国内・海外投資に関するブログです。投資に役立つ情報をお届けします。たまに外国人労働者(技能実習生)の事も書きます。

投資で悩んだ時に見るブログ

投資基礎講座

FXの最大レバレッジとは 証拠金維持率とは

更新日:

 

でごいちです。

 

 

本日は、FXに関する記事です。

 

 

FXのレバレッジ取引について解説していきます。

 

 

レバレッジ取引とは、信用取引の一種で

証券会社からお金を借りる事で、

自分の元手以上の取引をすることです。

 

 

信用取引については、

 

 

 

 

 

でも詳しく解説していますので、

ぜひこちらの記事もご覧ください。

 

 

 

 

さて、FXには必ずと言っていいほど、

レバレッジという言葉がついて回ります。

 

 

 

それもそのはずで、FXはレバレッジをかけた取引が当たり前です。

 

 

もちろん、レバレッジをかけずに取引をする事も可能ですが、

FXではいきなり価格が倍になったり半分になる可能性はありえないと言っていいほど低いので、

現物だけでの取引は投資としての魅力が低いものになってしまいます。

 

 

 

ですので、投資家はレバレッジをかけて元手以上の資金で取引をするわけです。

 

 

当ブログでは、FXの最大レバレッジについてと、レバレッジ取引における手数料、

また、理解しずらい言葉である証拠金維持率についてを解説していきます。

 

 

 

FXの最大レバレッジとは

 

 

 

 

結論から言いますと、

FXにおける最大のレバレッジは25倍です。

 

 

・5万円だったら125万円

・10万円だったら250万円

・100万円だったら2,500万円

 

分を購入できることになります。

 

 

実際はこのレバレッジをかけた分のお金は、

証券会社から借りて取引をする事になるので、

利益になればその分は利益として享受できますが、

元手以上の損失が出てしまった場合は、

損失分を自らのお金によって返さなければなりません。

 

この辺りは通常の信用取引と一緒ですね。

 

 

 

 

 

余談ですが、このレバレッジ25倍が最大として決められてるのは日本国内のみの話です。

 

 

海外ではこのルールは当て嵌まりません。

 

 

例えば投資系のウェブサイトの広告で高確率で見かける、

XMのレバレッジの最大は888倍です。

 

 

10万円で8,880万円

 

までの取引ができるわけですね。笑

 

 

恐ろしい話です。。。

 

 

いきなりフルレバレッジで突っ込むもんなら、

細かい上げ下げで元手がすぐに吹っ飛んでしまう倍率です。

 

 

もちろん、運よく勝つ人は稀にはいるでしょうが、

なんとなく大儲けできそうだからと言って、取引してしまう事は絶対にやめましょう。

 

 

 

 

レバレッジ取引の手数料について

 

 

 

レバレッジ取引の手数料は、多くの証券会社で無料となっています。

 

 

FXはレバレッジをかけた取引が当たり前なので、手数料を有料にしていては、

競争の激しい証券会社業界で生き残っていけないからでしょうね。

 

 

このようにレバレッジをかけた取引には手数料自体はかかりませんが、

代わりにスプレッドというものが存在します。

 

 

このスプレッドは、~pipsで表されます。

 

 

 

スプレッドとは、売りの価格と買いの価格の差額の事です。

 

 

例えばドル円を買いたい場合に、証券会社の板を見にいくと、

 

 

売り(bid) 110.00

買い(ask) 110.03

 

 

というような表記になっています。

 

たまに英語表記(bid,ask)のみになっているので、どっちがどっちか分からなくなりますが、

客が損をする設定になっている、という原則を踏まえればすぐ理解できると思います。笑

 

 

この差である0.03というのが証券会社側の儲けになるわけですね。

 

 

 

 

 

証拠金維持率とは

 

 

 

 

最後に、証拠金維持率について解説しようと思います。

 

 

この証拠金維持率に関して、いくつかのサイトを見てみましたが、

分かりづらい微妙な説明が多かったので、私の解釈でわかりやすく解説します。笑

 

 

証拠金維持率は、FX以外にも信用取引をする場合には必ず出てくる言葉なので、

この機会にしっかり覚えておきましょう。

 

 

 

証拠金維持率の計算方法

 


 

①あなたはレバレッジ25倍まで取引できる口座へ、

FXの取引をする為に100万円を入金しました。

 

100万円の25倍まで取引ができるので、

2,500万円までの取引が可能です。

 

そのお金で、あなたは1,500万円分のドルを購入しました。

 

1,500万円の取引は、60万円あれば問題ありません。

(60万円×レバレッジ25倍=1,500万円)

 

あなたの口座には、100万円入っています。

 

証拠金維持率は、

100万円÷60万円×100=166.67%

になります。

 

 

 

 

もう一個数字を変えたパターンで考えましょう。

 

②あなたはレバレッジ25倍まで取引できる口座で、

FXの取引をする為に50万円を入金しました。

 

50万円の25倍まで取引ができるので、

1,250万円までの取引が可能です。

 

そのお金で、あなたは600万円分のドルを購入しました。

 

600万円の取引は、24万円あれば問題ありません。

(24万円×レバレッジ25倍=600万円)

 

あなたの口座には、50万円入っています。

 

証拠金維持率は、

50万円÷24万円×100=208.33%

になります。

 


 

 

お分かりいただけましたでしょうか?

 

少し説明をはしょった部分があるので不十分ではありますが、

基本的な考え方はこんな感じです。笑

 

 

理解しておきたいのは、

証拠金維持率は100%を下回ると危険である事です。

 

 

証拠金維持率100%を言い換えると、フルレバレッジです。

100%を割ると、証拠金に対して口座の現金が足りていない状態です。

 

 

そのまま証拠金維持率が下がり続けると、

やがて証券会社によって強制決済されます。

 

 

そして追証という借金を払う事になります。

 

 

 

今は証券会社の方で勝手に計算してくれるので、

計算の方法までを覚える必要はないかもしれませんが、

証拠金が100%を切った状態は危険である

という事は覚えておきましょう。

 

 

 

当記事のまとめに

 

 

 

今回はFXのレバレッジについてと手数料、

そして証拠金維持率についてを解説してきました。

 

 

レバレッジは利益の恩恵を受けられる可能性がある反面、

損失も隣り合わせで存在しているという面もあります。

 

 

FXの取引は、レバレッジについて正しく理解してから

始めるようにしましょう。

 

 

ブログを通してつながることも大歓迎ですので、

お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。

ブログを読んでの感想でも何でも結構です。

あなたからのメッセージをお待ちしております。

 

感想や問い合わせはこちらから

 

-投資基礎講座
-, , , , , , , ,

Copyright© 投資で悩んだ時に見るブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。